野菜通販は、西日本産がおススメ


放射能の影響の少ない九州や四国などの西日本産の野菜の需要が高まっている
スーパーでも西日本産の食材は人気ですぐに売り切れになってしまします。

そんな時、宅配サービスがおススメですが野菜を宅配で購入する場合に、
重要なポイントを 当サイトで紹介していきたいと思います。

西日本の野菜を取り寄せする方法

大手宅配サービス業者での購入

メリット・・・西日本産など産地を指定できる宅配サービスもある放射能の検査体制がしっかりしている
デメリット・・・通販サービスによって検査体制や基準値が違う、産地を選べない業者も存在する、見極めが肝心。

楽天などの通販での購入

メリット・・・販売していれば手軽に購入できる
デメリット・・・興味を持っている人が多いので売り切ればかり、定期購入は難しい、放射能検査を行ってるかは疑問

個人売買

メリット・・・一番信用できる安心の野菜が手に入る
デメリット・・・個人が販売しているケースが多くないので、需要が高い今は、対応できない場合が多い、放射能検査のあるなしがわからない

宅配サービスで定期購入
野菜を通販で定期的に購入するには、やはり宅配サービスを利用する方が安心感があり、より安全な野菜を購入できるでしょう。 産地も指定でき、検査体制もしっかりしている野菜通販業者を選ぶことが重要です。




放射能測定などの検査体制を重視

野菜の放射能検査はココがポイント!
いくら西日本産といえども一応は、放射能測定検査をしている野菜を購入したいものです。

検査体制

・多くの野菜の中から1品だけをサンプル検査
すべての出荷商品を1品ずつ検査

またこの方法を、毎日行っているのか?もしくは1か月に数回行っているのか?も重要です。
サンプル検査や定期的に数回する検査体制では、放射能汚染された野菜が出回る心配もあります。



検査の基準値

震災後の国の暫定基準値は、震災前に比べて大きく設定されています。
野菜通販サービスによってはこの基準値をどちらに設定しているかどうかを比較してみましょう。

あくまでも国が定めた基準値ですし海外の国と比べても格段に高い数値なので より検査を厳しくしている野菜通販販売サービスを選ぶことで安心安全な食材を手に入れましょう。

・震災前・・・370Bq/kg放射性セシウム
震災後・・・500Bq/kg放射性セシウム

震災前の放射性セシウム370Bq/kgを基準値として検査している野菜通販業者が安全だと言えます。

また、この数値よりもより厳しく設定している業者を選ぶべきですし、
高精度の検査機器を完備している大手宅配サービスがおススメです。





野菜通販サービスを比較

Oisix (オイシックス)
西日本産を選べる?・・・産地を選択できる唯一のサービス
放射能検査・・・震災前の基準値(370Bq/kg)で全商品を毎日検査

PR・・・入会金・年会費は必要なし、産地も選べて作った人の詳細、栽培方法などの細かい情報も知ることができる。 また放射能検査の測定値をHP上で公開もしている、より厳しい基準値で検査している乳児用野菜もあり、一番安心な野菜を購入したいならオイシックスはお勧めできる野菜通販サービスと言える
お試し購入・・・980円~
公式サイトへ
大地を守る会
西日本産を選べる?・・・産地を選択できない
放射能検査・・・震災後の基準値(500Bq/kg)で全商品を毎日検査

PR・・・入会金・年会費は必要、子供に安心な野菜セットが人気(2,180円)、
放射能検査のHP上での公表あり
お試し購入・・・980円~
公式サイトへ
らでぃっしゅぼーや
西日本産を選べる?・・・産地を選択できない
放射能検査・・・震災後の基準値(500Bq/kg)で抜き打ちサンプル検査

PR・・・入会金・年会費は必要、定期購入のみの登録制、
放射能検査のHP上での公表あり
お試し購入・・・なし
公式サイトへ
パルシステム
西日本産を選べる?・・・産地を選択できない
放射能検査・・・抜き打ちサンプル検査

PR・・・入会金・年会費2,000円は必要
お試し購入なし・・・資料請求のみ
公式サイトへ
無農薬野菜ミレー
西日本産を選べる?・・・産地を選択できない
放射能検査・・・震災後の基準値(500Bq/kg)で抜き打ちサンプル検査

PR・・・千葉県周辺の農家と提携している、千葉県産が多い
お試し購入・・・1,500円
公式サイトへ